節約貯金をしてみよう

貯金がなかなかたまらないとお嘆きのあなたにぜひ試して欲しい節約貯金のコツをいくつか紹介したいと思います。

まず、月にいくら貯金したいか金額を予め決めましょう。収入が入ったら、すぐに決めた金額を貯金してください。自動引き落としに設定しておくと、より効果的かと思います。

こうすれば手元にお金が残りませんので、衝動買いなどでムダづかいをしにくくなります。節約貯金のコツは、無駄使いができないように自分を追い込んでしまうことだと思います。

つづきは、また書きます。

ガソリン代の節約は避けてとおれません!

石油連盟の発表によると、8月のガソリン卸売価格を左右する7月のガソリン調達コストが、6月に比べ1リットル当たり2円前後上昇する見込みだとのこと。

さらに、これまでの価格上昇未転嫁分3.9円の価格転嫁が進めば、約6円の上昇となります。このまま価格上昇が進むと8月のガソリン価格は、昨年9月に記録した過去最高の144円を突破して、146円になる可能性が・・・

あなたのご家庭ではガソリン代の節約はしていますか?ガソリン代の節約といってもいくつか方法がありますが、一番なのはやっぱり燃費アップでしょう。

リッターあたりの走行距離が伸びれば、当然

ガソリンの減りが少なくなり→給油の回数が減り→節約!

となります。ガソリン代が家計を圧迫しているご家庭が意外に多いですから、ちょっと家計簿を見直してみてください。

いずれにしてもこの夏、ガソリン価格のさらなる上昇が予定されていますので、今のうちに対策をとっておきましょう。

ガソリンの燃費アップなんて簡単にできるのか?とお考えになるかもしれませんが、大丈夫です。

実は、とっても簡単に燃費アップを実現できます。

「ロケットパワーにんじん君」という燃費向上グッズを取り付けるだけです。女性の方でも簡単に取り付けられます。

▽詳細はこちら
取り付けるのが早ければそれだけ得します。

節約効果大!保険の見直しで節約しましょ〜

あなたの家計は一生安心ですか?

生命保険の掛け過ぎや住宅ローンの高い利息が、あなたの家計
を圧迫していませんか?今、この瞬間もじわじわ・・・

毎月のわずかなムダも何十年と続けば数百万、数千万円と膨らみ、気づいたときには手遅れになってしまいます。


でも、生命保険や住宅ローンの見直しは、自分でやってみると結構大変ですよね。
あれこれ悩んでも解決できないときには、家計の専門家にご相談されることをおすすめします。


生命保険や住宅ローンを見直すだけでも、家計はかなりラクになります。というか、生命保険などは見直すと節約効果が大きいので、試してみる価値は十分あると思いますよ。

ある調査によると、保険加入者の約7割が保険に入りすぎだという調査結果もでているそうです。

この記事を読み終わったら今すぐ確認してみましょう。

節約に関連するコラム

暖房効率

著 者: 池田 康祐


電気・ガス・石油、いろいろ暖房器具はあります。

この冬はコタツも大活躍!!

しかし、暖房を使いすぎると光熱費が大幅アップ・・・

窓などの僅かの隙間をうめるだけでも効果はありますが、他にないでしょうか。

というわけで、簡単に整理してみたいと思います。


まず、エアコンを使用した場合は、20℃に設定しましょう。

そしてサーキュレーター、もしくは小さな扇風機を部屋の隅におきます。

これは、暖かい空気が部屋の上部にたまり、下部との温度差が約10℃にもなるためです。  立ち上がったときに温度差を感じることがあるでしょう?

次に部屋の湿度をアップさせます。
加湿器がなければ、タオルや洗濯物を部屋に置いても良いです。

湿度を上げると、体感気温が上がるため、設定温度を低くして使用できます。
また、湿度が高いと風邪やインフルエンザウィルスが不活性化されるとも言われています。
湿度15%アップで体感気温が1℃アップしますので、お試しください。

続きまして断熱シート。

これは窓ガラスに貼るだけです。
特殊ポリエチレンシートと空気層の二つの効果で、窓ガラスの熱の伝わり方を小さくし、部屋の暖房効率を高めます。
しかも、可視光線透過率が高いので部屋が暗くなりません。

床がフローリングの場合は、輻射温度が低く冷たくなるので、カーペットなどを敷きましょう。

コタツ布団やホットカーペットなどの下に、ホームセンターなどで売られている「ほかほかシート」を敷くことも熱効率を高めます。


「地球に優しく」 とか 「エコロジー」 とか言われていますが、寒さ暑さには勝てないものです。
考え方を変えて、光熱費の節約としてなら知らず知らずのうちに環境に優しくなるでしょう。

この冬は光熱費を抑え、でも暖かいお部屋で過ごしてください。


             IRORINET  http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。